いちにちいちぺい

雑記ブログ。

電源が付かなくなったNexus5Xをオーブンで焼いて復活させた話

2017年7月27日

突然、愛用していたNexus5Xの電源が付かなくなりました。

購入から約1年半ほど経っていました。

家電量販店のワイモバイルで購入したものでしたので、そこで修理をお願いすることもできたのですが、本体内ストレージに保存されていたデータがすべて初期化されるのが嫌で躊躇していました。

 

同じような症状の人が他にもいないかとネットで調べてみると、ブートループ(再起動ループ)という症状があることを知りました。

そもそも電源が付くところまで行ったり行かなかったりというのが僕のNexus5Xの症状でしたが、Androidのバージョンは7.0までアップグレードしていたので、恐らくこのブートループ現象になってしまったんだと思います。

 

どうせ修理に出しても初期化されてしまうんだし、お金も2万円以上はかかるでしょうって言われたので、もう別に壊れてもいっかと思い以下のブログの方法を試してみました。

 

sujoyu.hatenadiary.com

retrorocket.biz

 

これらはいわゆる「焼きグラボ」と同じ修理方法ですね。

jin115.com

結論から言うと、僕のNexus5Xはこれで復活しました。

やってみる価値は間違いなくありますが、自己責任でお願いします。

 

■必要なもの

  • 壊れたNexus5X本体
  • オーブン
  • Y型ドライバー

 

■手順

1. Nexus5X本体の分解

ここを見ながらすると良いでしょう。

 

www.ifixit.com

Y型ドライバー(下記リンク参照)は必須ですが、プラスチックオープナーは別に無くてもできます。

SIMカードスロットを抜いて、そこから爪を差し込んで行けば背面は取り外せます。

 

2.マザーボードを取り出す

f:id:kitacch1:20170801194943j:plain

マザーボードにはケーブルが4箇所くっ付いています。

無理に剥がすと死にかけのNexus5Xに止めをさすことになるので止めましょう。

 

3. 200度でオーブンを予熱

オーブン機能の付いた電子レンジでやりました。

中にはホットプレートやタコ焼き器でやるひともいるようですが、ドライヤーとかでは流石に無理だと思います。

 

4. 3分間焼く

f:id:kitacch1:20170801194800j:plain

なんとなくみんながそうしてるのでアルミホイルの上に置いて焼きましたが、たぶん意味ないですこれ。

グラボ焼きは人によっては220度の1分だとか、180度でじっくり7分だとか、こだわりが皆さんあるようですね。

 

5. 常温に戻るまで30分放置

 

6. 元通りに組み立てる

 

7. 電源を入れる

まずバッテリー残量が完全に0%になっていたのですぐには画面がつかなかったのですが、USBで接続すると本体下部のスピーカー箇所に赤いランプの点滅が…。

 

f:id:kitacch1:20170801194836j:plain

きたああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

 

復活です。

部屋で1人でいながら声を出してガッツポーズしました。

 

復活から5日経ちましたが、今のところは何の問題もなく動作しています。

しかし参考にさせていただいたブログのお二方のNexus5Xはどちらも数日後に完全に逝ったそうなので、僕のももう持たないかもしれません。

その時は諦めて「Google Pixel」か「Essential Phone」を買おうと思います。