いちにちいちぺい

雑記ブログ。

パナソニックのドルツ(Dorlz)がやばい。電動歯ブラシとジェットウォッシャーはまじで最高!

電動歯ブラシ、使ったことありますか? 僕はパナソニックドルツ(Doltzという電動歯ブラシと、あとジェットウォッシャーってのをかれこれ半年以上使っているのですが、一言でこの家電を評価すると、 いや、まじで人生捗ります。 なんでもっと早く使わなかったんだろうって。

この記事では僕がただゴリッゴリにドルツを推していきます。 それではどうぞ。

ジェットウォッシャーにまず手を出した

僕、結構Youtube見るんです。毎晩必ず登録チャンネルの更新をチェックします。 主によく見るのがレビュー動画で、瀬戸弘司さんとかジェットダイスケさんみたいな人の動画が好きなんですけど、カズチャンネルのカズさんも大好きなんですよ。 それでそのカズさんがパナソニックドルツのことを動画にしてたのを見て、興味を持ち始めました。 その時の動画がこれ。

僕はもともと体質的に(?)かなり虫歯になりやすくって、結構マメに歯磨きはする方だとは思うんですけど、歯科検診に行くたびに小さい虫歯が必ず見つかってショックを受けてました。 その小さい虫歯ってのがきまって歯と歯の間だったので、大学生の頃からはフロスを使ってみたりもしたんですけど、あれ苦手なんですよね…。

キュッ、キュッ

ギュッ!!!(グサッ)

(血の味がする…)

みたいに高確率で歯茎に刺さるんですよ。

だからフロスは苦手です。 痛いし、ちょっと怖いし、やりにくいし。

でもカズさんの動画見て 「あれ?これなら全然痛くないしめっちゃ綺麗になるんじゃね?」

価格を見てためらいつつも、これでもう歯医者さんのあの怖い音と、歯石取りのガリガリから逃れられるんだ…!(泣)と思いAmazonでポチー。 ネットで色んなレビューを見てるとカズさんの紹介していたハンディータイプよりも据え置きの方が威力が高くて良さそうだったので、そっちを選びました。 それがこれ。

ちょうど自宅の洗面台のスペースにぴったり入っていい感じ! 色んな人のレビューとか見ると、一般的な家庭のシャワードレッサーなら大体ぴったりみたいです。 20161002-dsc09445-1

そしていよいよいつものように歯ブラシで歯を磨いたあと、タンクに水を入れてスイッチオン!

痛ってええぇぇぇ…(ブッシャー)

歯茎と歯の間の薄い肉が多分波打ってる。 ベランダの水やりのストレートモードと同じ、超ピンポイントで当たってきます。

ちなみにこれを見てもらえれば一発でドルツとはなんぞやが分かると思います。パナソニックの公式動画

歯ブラシだけでは取れなかった、歯周ポケットや歯間の食べカスが1つ、2つと流れていくのを見て、いやまじですげえってなりました。 スースーすると歯と歯の間で空気がめっちゃ出入りするんですよ! 爽快感すごい!

ただ、ネットの口コミでよく書かれていた「ドブ臭いにおい」とか、そんなのは自分は感じませんでした。 あれは多分それは普段から全然キチンと歯磨きが出来ていない人だけなんじゃないでしょうか。

しばらく使ってみると、初めに感じたような痛みはなくなってきました。 歯周ポケットをごりごり攻めるように使ってたんですけど、なんとなく歯茎が引き締まってきたような…!

フロスを使うよりもスピーディーに歯間の汚れを飛ばすことも出来て、爽快感もずっとこっちの方が上。

けど強いてデメリットを挙げるなら、音がちょっとうるさいかなあ。 鉄筋コンクリートのマンションじゃなきゃ、夜中に使うのはんー、ちょっと躊躇するレベル。

あと、あくまでもこれは歯磨きの補助として使うものであって、歯ブラシを使わずにジェットウォッシャーだけでOKみたいなものではありません。 キチンと歯磨きが出来ていて、それでも取れなかった細かい食べカスを取ったり、歯茎のケアのために使用するものなので、正しい使い方をしましょう。

彼女の虫歯が超深刻だった。

それから数ヶ月後、同棲していた彼女が歯が痛いと言い出しました。 彼女は台湾人で、日本語はかなり上手だけど、医学的な専門用語とかは分からないと思ったので一緒に歯医者さんに行きました。 そこで告げられた衝撃の事実。

 

「虫歯が10箇所ほどありますね。」

デデーン。

 

その時の彼女のショックを受けた顔がこちら。

20160330-dsc09036-1

これはやばい。なんとかしないと。と思った僕はその日のうちにビックカメラ電動歯ブラシを買いに行きました。 歯ブラシ1本でどうこうできるようなレベルではなかったのですが、これ以上悪化させないためになにか少しでも何か手を打とうと思ってこの行動になりましたw

当初の予定では当時価格ドットコムで一番評価の高かったブラウンの商品を買うつもりだったのですが、あいにく在庫切れ。 でも僕は今すぐどうしても欲しかったので、販売員さんに電動歯ブラシの3大ブランドであるブラウンフィリップス、そしてドルツの違い・特徴を聞いて、最終的に選んだのがジェットウォッシャーと同じドルツでした。

ドルツの電動歯ブラシにも機能に応じて色んな価格帯のものがあったのですが、本当に使うであろう機能を考えた結果のチョイスがこれでした。 ヘッドに極細毛ブラシをセットして、いざ!

 

ウイィィィィィンン

 

めっちゃ汚れ取れるやん!! 歯の表面はツルッツルになるし、磨き残しがちな歯の間にもしっかり入る! めっちゃ気持ちいい~~~

そして仕上げにジェットウォッシャーですよ。

 

爽快感、ヤバイ。

 

普通の歯ブラシ+ジェットウォッシャーの時よりも、明らかに汚れが取れてるんです。 かれこれこの組み合わせで半年以上使ってますが、たまに外泊なんかでドルツを使わない1日があったりするともう気持ち悪くてしょうがない。 僕にとっての生活必需品です。

ちなみにヘッドの消耗頻度は3ヵ月に1度が1つの目安です。 先の3大ブランドの中ではドルツが最もコスパに優れていますよ。 20161002-dsc09441-1

歯磨き粉にはこれがおすすめ

そもそもドルツとか電動歯ブラシに興味がある人って、結構自分の口腔環境に関心がある人ですよね。 Amazonでもめちゃくちゃ評判のいい歯磨き粉があるのを知っていますか?

フッ素が配合された歯磨き粉で、値は正直張りますが、大体どこの歯医者さんに行っても売っている歯科医師おすすめの歯磨き粉です。

Amazonの商品説明を引用↓

[効能・効果] ムシ歯の発生及び進行・歯周炎(歯槽膿漏)・歯肉炎の予防、口臭の防止。 口中を浄化・爽快にし、歯を白くする。 [製品の特長] 1.フッ素コート 歯のすみずみまでゆきわたり、有効成分をとどめやすいジェルが、歯をくまなくフッ素でコートして、歯の再石灰化を促進、歯を強くします。 2.高い殺菌力* 塩酸クロルヘキシジンが、ムシ歯菌や歯周病菌などのお口の細菌を殺菌、また、増殖を抑制し、ムシ歯・歯周病を予防します。*当社調べ 3.お口にやさしい 歯を傷つけやすい研磨剤無配合、粘膜を傷つけやすい発泡剤が無配合、 爽やかなマイルドミント味で、お口に刺激を与えません。 4.炎症抑制力 β―グリチルレチン酸が、歯ぐきの不快な炎症を抑制します。 5.汚れの付着抑制力 ポリリン酸ナトリウムが、歯石の原因を除去し、歯面の汚れを落とします。 [こんな方にオススメします] ムシ歯・歯周病の気になる方・なりやすい方 長時間丁寧にみがくことが苦手な方・ブラッシングの苦手な方 知覚過敏の方・歯ブラシ圧の強い方 [ご使用方法] 毎度の「歯みがき剤」として 適量を歯ブラシにとりしっかりブラッシングして、歯や歯間部にゆきわたらせてください。 その後軽く水ですすいでください。 特にムシ歯を予防したい場合の「フッ素コート剤」として ※就寝前などにおすすめです 適量を歯や歯間部にゆきわたらせるように、軽く1分程度ブラッシングしてください。 その後、1回洗口します。

これがまた本当に評判が高いんです。 773件もレビューがあって、☆4.5ですよ!

何よりもこのジェルコートF最大の魅力は、虫歯の発生を抑えるフッ素が含まれていて、歯周病を予防する高い殺菌力があること。 これさえキチンと使って上手なブラッシングが出来れば虫歯・歯周病とは一生無縁だと歯医者さんに言われて、最初は「へー。そうですかー(絶対嘘だ)」って疑ってたんですけど、その後の歯科検診ではいつもめっちゃ褒められるんですよね。 ジェルコートFがすごいのか、2つのドルツがすごいのか、もうよく分かりませんが僕はこれらを三種の神器だと思っています。

ちなみに僕は今年のハンズメッセで出てたので買い溜めしてしまいました。 結局Amazonで買うのとほとんど値段変わらなかったんですけどねw 20161002-dsc09677-1

失ってからでは遅い

誰だって歯の治療って嫌いだと思うんです。 歯茎への麻酔、キュイィィィィンンという機械の音、ゴリゴリ削られて無くなっていく自分の歯、高い治療費。 今は何ともない人でも、年を重ねていくと必ず歯周病などのトラブルがやってきます。

僕はもう死ぬまで歯を削りたくないので、これからも歯への投資は惜しみません。 少しでもこの記事を読んでくれた人が自分の歯に関心を持ってくれたら嬉しいです。

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]