いちにちいちぺい

雑記ブログ。

超絶朝に弱い人間がなんとかしようとして買ったものの全く使い物にならなかった目覚まし時計を紹介する。

もう寝坊したくない

目が覚めた。 (ざわ・・・ざわ・・・ざわ・・・) なんだこの緊張感は・・・

枕元の時計の時刻を見たが何が起きているのかわからない・・・ 目をこすってもう一度見る・・・ 時間が・・・おかしい・・・!

スマホの通知ランプが緑に光っている・・・ メールでも来たのか・・・?

着信履歴(上司)

?!?!?!

嘘だ・・・! これは夢・・・! 夢に決まってる!!!!!!

これを社会人になってから3回繰り返します。デジャヴです。

そうだ!目覚まし時計が悪いんだ!

なんとかしないと!と思った僕は乾電池で動くアナログの置き時計を処分。革新的で未来的で、スーパーな目覚まし時計を購入した。 そんな今回紹介する目覚まし時計はPhilips(フィリップス) Wake-Up Light HF3520」 まあまずはリンク先のAmazonの評価レビューを見て欲しい。

レビュー件数40以上、星平均4点以上。20,000円近くする目覚まし時計なのに、こんなにも売れている! 一般的な目覚まし時計はアラーム音で起こすけど、これは光の力で快適な起床を実現するらしい! その光の強さ、300ルクス!!(分からん) もう今の僕にはこれしかない!!(Amazonポチッと)

届いた

20160613-DSC09757 でけえぇーーーーーー!! いい比較対象が見つからなかったのですが、サッカーボールより少し小さいくらいだと思います。こんなにでかくて高い目覚まし時計使う人なんて、そうそういないでしょ! そしてなによりこの目覚まし時計最大の特徴!光の強さはというと・・・

20160613-DSC09746 眩しい!!!!! ドラキュラもびっくりの光の強さ!これで起きない方がどうかしてるでしょ!勝ち確!これは翌朝が楽しみだな~~~

使ってみた

朝6:00に目覚ましをセットしました。5:00はまだ真っ暗。 20160613-DSC09768 5:40。少し明るくなってきました。 20160613-DSC09770 5:50。これが20段階の10の明るさ。まだまだこの程度の光では目覚めません。 20160613-DSC09771 6:00。フルパワー!リラックス感ある音楽とともに最大光量になりました。 20160613-DSC09773 でもその後も僕は、顔に布団を掛けて光を妨げたり(無意識) 20160613-DSC09778 寝返りを打って光に背を向けたり(無意識) 20160613-DSC09774 全然起きれない!!!!!!!!!!

感想

使い始めて3日で使用するのを諦めました。実はこの商品を買ったのは一年くらい前のことで、この記事を書くために押入れから封印を解きました。 レビュー評価が高かっただけにものすごくがっかりしています。僕には全く効果がありませんでした。特殊体質ではないと思います。

考えられる原因としては、そもそも光量の300ルクスというのが弱すぎるのではないかということです。こうした光を主とする目覚ましは他にも探すと色々ありますが、最大で10,000ルクスあるものもあるらしいですね!桁が違います。他のは使ったことがないのでなんとも言えないのですが、この「Wake-up Light」はそれに比べるとただの間接照明レベルだと思います。 あくまでこの商品は起きるための補助アイテムとして、メインにはやはり目覚まし時計を用意する方がいいとでしょう。 ちなみにこの「Wake-up Light」自体にも音が鳴るアラーム機能もありますが、音量はそれほど大きくありません。

結構ディスってますが、個人の感想ですのでご容赦ください。 おわり!