いちにちいちぺい

雑記ブログ。

愛知県でデートするならここはマスト!アートの島「佐久島」

佐久島」にデートへ行ってきました!

お互い休みがシフト制の仕事をしているのですが、GW(ゴールデンウィーク)真っ最中に久しぶりに休みが被ったのでお出かけしようとなりました。でもGWなんてどこへ行っても混んでるし、レンタカー借りても渋滞ばっかで疲れるだけな気もするし…。そこでなるべく近場で公共交通機関を利用して行ける楽しそうなところを調べてみると、「佐久島」の情報にヒットしました。なんでもアートなオブジェがたくさんあって、写真を撮るには最高な観光地だそうで、これは行くっきゃないでしょ!

佐久島までのアクセス

2016-06-06 名古屋市内在住なので、名鉄名古屋駅から電車で行きました。西尾駅までは約1時間(片道運賃¥790) そこから名鉄バスに乗って約30分(名鉄西尾駅⇔佐久島行船のりば)(片道運賃¥510) 更に佐久島までの渡船で約25分(片道運賃大人¥820)

それぞれの待ち時間なども含めると、名古屋駅から佐久島までは約2時間半かかりました。結構ハード。

島に着いたらまずはマップとレンタルサイクルの確保!

佐久島には船が発着する港が2つあります。西港と東港です。今回は島の一番人気スポットである「おひるねハウス」に直行するつもりでしたので、近い方の西港で船を降りました。 どちらの港にも島内の案内マップやお手洗いなどがあります。マップは必ず確保すべし。

そしてそこで自転車をレンタルするつもりでしたが、 が! GWで観光客多すぎのため自転車全て貸し出し中とのこと(泣) 流石にそこまで人が来てるとは思っていませんでした…。仕方ないので歩いて散策することに。

ちなみにレンタルサイクルの料金は ・1時間300円 ・2時間500円 ・1日1,000円 という感じでした。島全体をしっかり回ろうとするなら、1日レンタルじゃないと厳しいと思われます。

島一番の人気スポット「おひるねハウス」

DSC09905 佐久島アートを代表する作品の一つです。浜辺に真っ黒なオブジェがどかんとあります。 実はみんなここで撮影したいがために長蛇の列できていました。たった数枚撮るのに20分待ちwディズニーのアトラクションかよ! 本当は反対側から撮って海を絵に入れたかったのになー。またいつか人が少ない平日にでもリベンジします。

近くの海辺はこんな感じです。堤防があって、浜辺にはシーグラスもたくさん落ちていました。 DSC00163 DSC00298

石積み堤防の上にある「カモメの駐車場」

DSC00458 おひるねハウスから徒歩で20分くらい。道中他にもいくつかアート作品がありましたが、ここはお気に入りのスポット。 アーティストの木村崇人(きむらたかひと)さんの作品で、香川県の女木島(めぎしま)にも同じカモメがいるみたいです。 結構な数のカモメのくちばしが壊されていて、ちょっとかわいそうだった。

東港のそばにある真っ白なアート作品「イーストハウス」

DSC00620 中に入ったり、上に登ったり。個人的にはここが一番楽しかったかなー。 ここに到着した時にはすでに日が傾き始めていたので、今度は青い空と白いオブジェのコントラストがはっきりした写真を撮りたい! DSC00612 DSC00498

何にもないところがいい。都会を離れて海を楽しむ。

DSC00715 佐久島、とっても楽しかったです。島に着いて自転車が借りれないと分かった時には軽く絶望していましたが、いたるところにアートや小さな発見があって、意外に歩いて回るのもいいもんだなって感じでした。 島にはアート作品やおしゃれなカフェがぽつぽつあるだけで、あとは島に住んでいる住人とその家がある程度。だけどそれがいいんですよね。久しぶりに海で風を感じて、とても気持ち良かったです。写真もこの記事にはほんの少ししか載せていませんが、たくさんいい作品が撮れる場所ですよ。行ったことのない人はぜひ訪れてみてください。

バスで行く人は帰りのバスの時間に注意して

最後に公共交通機関を使って佐久島に行ってみようという人に忠告します!笑 僕たちは朝寝坊して行ったので島に上陸したのが14時くらいだったのですが、帰りのバスの時間のことを全然考えてなかったんです。そして17時の船で佐久島を離れ、一色さかな広場に戻ってきてからバス停の時刻表を見て思わず声をあげてしまいました。 「えっ!!15時でバス終わってるやん!!」 tujo バスで行く人はほんとに注意してください。普段都会で慣れた人間には田舎のバスの本数の少なさに絶望するはずです。最後のバスを逃すと最寄りのバス停「大宝橋西」まで約45分歩くことになりますよ…。 (地図の★マークが「大宝橋西」) 2016-06-06 (1)

日が昇り切ってからはかなり日差しも強くなるので、朝早くに家を出てくるのが一番いいです。自動販売機もほとんどないので、水分だけは必ず持っていくようにしてください。 [colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]